×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004/07/15

ファイル操作という概念

 Appleはいずれファイル操作という概念を希薄にして、ユーザにファイル操作を意識させないようにするだろう、という文章を読んだことがあります。

 iLifeのアプリケーションでは既に、Finderでファイル操作をしなくてもよい仕様になっています。
 iTunesでは楽曲データを自動的にWeb上から読み込んでくれますが、これ以外の場合はiPhotoのように、それぞれのファイルに複数のキーワードを割り当て、それらをもとに検索することになるでしょうか。
 Tigerの新機能として発表したSpotlightはFinderにとってかわるものになるのかもしれませんね。ポイントはそれぞれのファイルに自動的につけられるメタデータにどこまでの情報がつけられるかだと思います。

 きちんと整理して保管しておくのではなく、無駄にグループ化せずに全部ひとまとめで保管して検索する、というのがこれから主流になってくるのでしょう。

[Apple]


    Links to this post

    リンクを作成