×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005/04/23

国民性

 最近の私の興味の対象は、急速に中国や韓国に傾いています。中国人や韓国人の国民性といった方が正確かもしれません。

 最近の記事「日本人のメンタリティ」「韓国

 これは最近の中国・韓国国内で起こっている反日感情をあらわにした暴動に端を発している訳ですが、当然、私と同じように興味が傾いている人たちがたくさんいるようで、ウェブ上にもその類いの情報が溢れ出してきています。

 pya! にはこんなジョークがでていました。中国人のところまでは昔からある有名なジョークだそうです。

 わたしがはてなブックマークに登録した中国関連の記事をまとめるとこうなります

 田口ランディさんの歴史認識に関する記事では中国国民の靖国参拝に対する感情を一部を少し理解できるような気がします。

 中国が嫌われる七つの理由では、中国の国民性の悪しき部分がピックアップされています。台湾人学者の書いた記事ですが、はなし半分だとしても恐ろしいです。

 中国在住の日本人が書いた「中国旅行は即刻中止して!」という記事では、現在中国で起こっている反日行動について生々しく書かれています。これは陰湿といっても良いでしょう。

 ただこれらはすべて、あくまでも日本人側の立場からものを捉え、日本人の立場で情報をピックアップしています。おそらく中国や韓国側から日本人の国民性ついて同じ類いの内容の記事を書くことができるでしょうし、もう既に韓国や中国国内では、そういった記事があふれているのかもしれません
 
 きれいごとかもしれませんが、大切なのは、そういった記事からお互いの国民性と、それに基づく隣国に対する感情をよく理解したうえで、友好関係を結ぶことだと思います。

[Society]


    Links to this post

    リンクを作成